So-net無料ブログ作成

境界 [日常]

昨日は台風だったので自宅に引きこもったから自分は無事であったが、
被害に遭われた方々には衷心よりお見舞い申し上げる。

熊谷から通っている同僚に、突風被害について訊ねたら、自分の所は
庭木が倒れただけだが、近所は屋根が飛んだ所があるとの事であった。
こうなるともはや運不運であって、自然には勝てない。
「水はよく船を浮かべ また覆す」であったか。

台風が過ぎ去り、けさの東京は涼しかったから、歩くのにちょうど良いと
考え、いつもは恵比寿で降りる所を目黒で降り渋谷まで歩こうと決めた。
大した距離では無いけれど、珍しく歩数計なぞを付けて家を出た。

目黒駅の西口で降り、線路脇の小路を下り山手貨物線の踏切を渡った。
貨物線の上を電車線が乗り越し、位置を変える箇所である。
恵比寿ガーデンプレイスは元々、ヱビスビールの工場跡であって、工場に
合わせて貨物線が来るようにしたのだと思うが。
長者丸1.jpg
踏切の名は「長者丸踏切」である。
長者丸2.jpg
いろいろ由緒いわれがありそうな地名だが。

踏切を渡って細い道に出ると、道がそのまま目黒区品川区の境界である。
区境界.jpg
道の左手が目黒区三田、右手が品川区上大崎であって、お向かいの家が
違う区なのである。
道路に、↑この境界票がどっさり埋められていたが、過去に何かあったのか。

そういえば目黒駅も上大崎の所在で、駅名と所在地が合わない。
だから駅を挟んだ両方の区で「さんま祭り」を行っていたりする。
元品川区民としては、これは品川区側の悪ノリだと思うけれども。

ガーデンプレイス敷地内の、東京都写真美術館の脇を通りながら、恵比寿は
渋谷区の地名だから、ここも目黒三田と恵比寿が入り交る場所なのだが、
元々大ざっぱに「三田」と呼んでいた辺りにビール工場が出来て、やがて
ビールの名前で恵比寿駅が出来、ついに地名となってしまった。
神様の「えびす」に、めでたい字の「恵比寿」を当てたら、これに引っ張られて
「ヱビス」「ゑびす」の表記ができたが、元々は「え」なのだそうである。

けさは朝から港区にある「品川」駅で乗り換え、品川区にある目黒駅で降り、
品川→目黒→渋谷の区境界を越え、「商品駅名地名(笑)」を通り、40分強、
会社まで歩いて疲れたが、ガーデンプレイスの中は「動く歩道」を歩いてズル
をしたので、実はそんなに歩数は刻んでいない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

京急川崎駅人身事故 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます