So-net無料ブログ作成

変節の人 [日常]

部長が私のところに来て
「○○ちゃん(私の名)、永年勤続、花束も宴会も本当にいらないの~?。
せっかくなんだからさあ、宴会出てさあ、田舎のお母さんに花束贈ろうよ」
などとおっしゃる。
先日断った、永年勤続表彰の事なのである。
「だってさあ、数の中には奥さんも両親もいなくて、お世話になった人に
花束を贈れない人だっているんだぜ。君は両親がいらっしゃるんだから
お母さんにあげたらいいじゃないのよ」
とおっしゃるので、それもそうだと思ったから、花束の件は同意した。
「一流ホテルの宴会場と言うのは・・・。新しくスーツを作らないと・・・。」
と言ったら
「何言ってんの。堅苦しく考えなくっていいんだよ。晴れがましい席では
あるけれども、まだ軽装勤務の時期じゃん。隅の方で飲み食いしてりゃ
いいの。めったにない機会なんだし、お前が断ったら後輩達が困るぜ。
ひと頃、会社の都合で永年勤続表彰を取りやめた時期もあったから、
表彰状も貰っていない人もいるわけよ。その人達の分も含めてさ、
宴会、出ようよ」
と、ここまで言われりゃ、組織人としては承知せざるを得ない。

先日、偉そうな事を書いたけど、会社員は所詮、上意下達であって、
部長の言う事も、一々ごもっともだから、素早く前説を翻して、一流ホテルの
宴会場にズラズラと並ぶ美味しそうな料理の数々を叙述する機会を捉えようと
考えている。

後で同期入社の同僚に「花束ってのは、奥さんにやるもんだよなあ・・・」
と言ったら「○○(私の名)はお母さんにあげても、全然オッケーだと思うよ。
俺らと違って、田舎から単身出てきて25年も勤めたんだし、親のおかげだろ」
と言う。
部長と私のやり取りを聞いた上で、そういう事を言うのである(笑)。
会社とは所詮、そんなものであるが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

収支非国民 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます