So-net無料ブログ作成

読書? [読書?]

実家で、以前自分で買って置いてある本を何冊か読み返した。

大貧帖.jpg
「屁理屈大魔王」内田百閒と

時刻表.jpg
宮脇俊三の昭和史。

宮脇俊三は大正15年生まれ。だから歳がそのまま昭和の年号と同じである。
昭和8年から戦後の混乱期までの回想だが、父と玉音放送を聞く場面はとりわけ
淡々とした筆致が、読むほどに逆に凄みを増して読み手に伝わってくる。
回想文は嘘が書けるものだが、宮脇俊三は当時の時刻表を絡める事で、なるべく
正確に、嘘を書かぬように心掛けたのだと思う。
回想というか自分史というか、なかなかこういう傑作にはお目にかかれないと思う。
ま、私の駄文より、まず読んで損はなし。読めば分かるさ(笑)。

内田百閒と宮脇俊三。
どちらも自分をとことん客観視した文章を書く人である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

お彼岸非人気ブログ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます