So-net無料ブログ作成

一里塚 [日常]

「門松は冥土の旅の一里塚」であるが、現在は正月にみんな一斉に歳を取るという風習では
無いので、ニュアンスとしては門松の代りが「誕生日」が近いのか。

私は自分の誕生日に特別の意味を見いだせない人間なので、子供の頃なら、まだ意義も
あったろうが、昭和44年生・44歳・独身・独り暮らしでは「ふーん」としか言いようがない。

生誕記念日という意味では天長節には敬意を払っているし、何しろ先帝陛下の最後の一般
参賀にも行っているから、天皇陛下を例に出すのは畏れ多いが、自分の事となるとどうも。

母親は毎年、大概電話をくれるので、私の様な出来損ないでも生んだ責任があるのか(笑)。

独りで御馳走を食べても仕方が無いので夕飯は牛丼で済ませたが、「ねんきん定期便」が
届いたので、後で尾崎豊のアルバム「誕生」を久しぶりに聞きながら年金記録を確認して
みようかと考えている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

聖火ランナー雨傘 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます